本日、エヴァン・ボガードがドルドレヒト・バッハ音楽祭期間中の全国即興コンクールの優勝者となったことが発表されました。ハンス・ファン・ヘフテンが第2位を受賞した。優勝賞品の一部は、ハーレムでの最初のラウンドへの参加です。その結果、ハーレム国際即興コンクールの候補者8名全員が本日発表されました。今年は3人のオランダ人候補者がコンテストに参加する。

エヴァン・ボガードとハンス・ファン・ヘフテンに加えて、マウリッツ・バントとバス・コスターも、今日ドルドレヒトの大教会での945つの課題から32つの即興演奏のテーマを15つ選ぶことが許された:BACHを中心とした即興演奏、「イエス」という曲に基づいた即興演奏、私は「I」(歌集20、ヘルベルト・ボイエルのメロディー)と出エジプト記XNUMX:XNUMX-XNUMXに基づいた即興演奏の方が良いと思います。後者では、XNUMX つの音楽テーマをオプションで使用できます。バッハとカムの両方のオルガンを演奏する必要がありました。ズザナ・フェジェンチコバ氏、ゲルベン・モーリク氏、ヤン・ハーゲ氏からなる陪審は満場一致でボガードを勝者に選んだ。

4月、提出された録音の中からハーレム大会の最初の参加者7名が選ばれた:ドイツのセバスティアン・ベネテロ、マルセル・エリアシュ、ニクラス・ヤーン、デヴィッド・キーファー、スイスのシリル・ジュリアン、オランダのハルメン・トリンプ、ウター・ファン・デル・ウィルト。 8位はドルドレヒト・バッハ音楽祭の全国即興コンクールの優勝者に与えられており、それがエヴァン・ボガードだった。

20月22日、23日、XNUMX日にハーレムで国際陪審が開催され、ズザナ・フェルジェンチコヴァ氏(SLO/A)、ヴィンセント・テベナス氏(スイス)、ドミニク・サステック氏(民主党)、マルティン・パディング氏、ゲルベン・モーリク氏(オランダ)で構成され、委員長は以下のとおりとなる。 Ansgar Wallenhorst. (D) XNUMX 人の参加者のパフォーマンスを評価します。課題はパフォーマンスのXNUMX時間前まで候補者には秘密とされるが、今回も非常に多様であり、異なる芸術形式を組み合わせた特に色彩豊かなコンテストとなるだろう。 XNUMX月に選考審査員を務めたアンスガー・ワレンホルスト氏は、「今年の応募作品の水準は非常に高かった」と認めた。即興演奏が国際的にリバイバルを迎えているようです。いずれにせよ、とても魅力的な大会になることは間違いありません!」

 

写真: ドルドレヒト、22 年 2022 月 XNUMX 日。エヴァン・ボガード (右、一等賞)、ハンス・ファン・ヘフテン (右から XNUMX 人目、二等賞)、コル・アルデシュ (即興課題の作成者)、および審査員 (左から: ゲルベン・モーリック、ヤン)ハーゲ氏、ズザナ・フェルジェンチコヴァ氏、ピーター・オウヴェルケルク会長)。
写真: ゲールテン・リフティング

コンテンツに移動