コース14

コース 14: ジョリス・ヴェルディン: セザール・フランク

セザール・フランクのオルガン音楽には、ピアノ (フランクはピアニストとして訓練を受けていた) と、19 世紀にフランスのサロンで主に演奏されていた芸術楽器であるハルモニウムという XNUMX つの重要な源があります。フランクは、リストやドヴォルザークといった同時代の偉大な音楽家と同様、ハーモニウムのための美しい音楽を書きました。オルガンでも演奏できますが、オリジナルの楽器で演奏すると、独自の世界が生まれます。このコースでは、専門家のジョリス・ヴェルダンが、オルガンとハーモニウムの両方を使用して、セザール・フランクの作品をこの幅広い文脈に位置づけます。本物のフランクへの発見の旅!
ジョリス・ヴェルディンは、とりわけセザール・フランクのハルモニウムとオルガン作品をすべて CD に録音しました。音楽学者、作曲家、オルガン奏者として、彼は既知の音楽世界と未知の音楽世界の間のつながりを作ることを楽しんでいます。ヴェルディンはアントワープとルーヴェンの音楽学校の教師であり、19 世紀の芸術ハーモニウムの分野の専門家とみなされています。芸術監督としてヨーテボリ国際オルガンアカデミーに所属。

レパートリー

セザール・フランク:

6つのピース
・ファンタジー(ハ長調)
・大曲交響曲
・前奏曲、フーガ、変奏曲
・牧歌的
・プリエール
・ 最後の

スリーピース
・ファンタジー(イ長調)
・カンタービレ
・ピースヒロイック

トロワ合唱団
・合唱No. 1 (ホ長調)
・合唱No. 2 (ロ短調)
・合唱No. 3 (イ短調)

・ハーモニウムのための全作品

追加コース = 追加割引
別のコースを予約すると割引を受けられます!追加コースを予約するごとに、さらに割引が適用されます (最大 6 コース)。割引は予約後にショッピングカート内で自動的に計算されます。

注意。以下のコースは併用できません。

  • コース1(フォクルール)+コース6(ロビン)
  • コース2(Zerer) + コース 3 (メルコバ)
  • コース5(ロビン)+コース7(フォクルール)
  • コース4(Zerer) + コース 8 (ザトマリー)
  • コース11(ファン・ドゥーセラール)+コース16(ラトリー)
  • コース17 (ラウベ) + コース13 (ファン・ドゥーゼラール) + コース14 (ヴェルディン)
  • コース 18 (シュマレーダー) + コース 15 (ラウベ)
  • コース 12 (プラニャフスキー) + コース 19 (ラトリー)

 285,00

コンテンツに移動